映画『ラストサムライ』あらすじ、作品情報

あらすじ

長く深い伝統の空気を打ち破る幕末の近代化が始まりだした。

建国以来の剣を信じるものと、新たな洋式鉄砲と軍隊に希望をかけるものの思いに、日本という国は分断

南北戦争時代のアメリカ。

北軍の士官として参軍したネイサン・オールグレン大尉は、南軍やインディアンと戦う。

オールグレンは、トラウマとなった戦場での体験から逃れる

日本の実業家にして大臣の大村はバグリー大佐を介し、お雇い外国人として「戦場の英雄」を軍隊の教授職として雇い

日本は明治維新が成り、近代国家建設のために急速な近代的軍備の増強が必須

僚友ガントとともに日本に行き、軍隊の訓練を指揮

不平士族の領袖である勝元が鉄道を襲ったという報

隊の練度は低く、サムライたちの勢いに呑まれた部隊はバラバラになり、ガントは落命、オールグレンは勝元らに捕えられる。

オールグレンは彼ら反乱軍=サムライたちの精神世界に魅せられる

勝元の息子である信忠の村での生活を深めるにつれ、オールグレンは村の人々に急速に心を開いていく

訓練と談笑と生活の中でオールグレンは心の中に静けさを取り戻し、サムライの村での生活に神聖なものを感じ

氏尾との剣合わせで、はじめて引き分ける

村の祭りが行われ、ふだんは怖く厳しい村の首領・勝元が道化を演じる舞台を見て皆が笑いあっているスキを狙って、大村が差し向けたとおぼしき間諜が密かに村に近づき、襲撃

オールグレンと勝元・村人は心を一にして間諜と戦い、ついにオールグレンは村人と味方

春を迎えて雪が溶け道が開いた頃、政府に呼び出されて勝元一行は東京へ

疑いと警戒の目で一団の行進を見つめる大村。

一行の中にオールグレンが居ることを見つけて、ほっと笑顔をもらす通訳・写真家・著述家のグレアム。

東京でオールグレンが見たものは、すでに立派に訓練され、軍備も充実した政府軍の姿

街に出たオールグレンは、銃を掲げ不遜な態度で振る舞う軍人が、信忠の剣を奪い、髷を切り落とす場面に出くわす。

、廃刀令にしたがって刀を捨てるよう大村に迫られ

勝元は判断を明治天皇に仰ぐが、天皇は気弱さから目をそむけてしまう。

オールグレンは、大村の不平士族討伐軍の指揮官就任の申し出を断り、日本での職・役割を終わらせアメリカへ帰ろうとする。

が、大村の差し向けた刺客に襲われる。その後、信忠ら村の一軍やグレアムと共に謹慎先の勝元を脱出させる。

勝元一行は村へ帰還できたものの、殿を務めた信忠は警備兵に撃たれ、帰らぬ人となる。

もはや、政府軍と勝元達反乱軍との対決は免れぬものとなった。

意を決したオールグレンは反乱軍の一員として、大村とバグリー大佐率いる政府軍に一矢報いる事を決めた。

反乱軍は兵力を上回り、榴弾砲まで装備した政府軍を相手に勇敢に闘う。

最後の騎馬による突撃でバグリー大佐を討ち取るも、回転式機関銃ガトリング砲により阻止され、オールグレンと勝元を除き反乱軍は全員戦死。

傷ついた勝元は、信頼するオールグレンにとどめを刺すよう頼み、今際の際にオールグレンの背後に咲く桜を見ながら、「すべてパーフェクトだ」という言葉を遺して、こと切れた。

反乱軍はオールグレン一人を残し全滅した。

しかし、この闘いは決して無駄ではなかった。

政府軍の兵士たちは勝元の死に様に涙し、敬意を表し跪いて頭を垂れたのである。

維新以降、失われて久しかった「武士道精神」を、軍人たちが取り戻した瞬間であった。

生き残ったオールグレンは明治天皇に拝謁。そこで勝元の生きざまを語り、遺刀を渡す。それは日本が真に近代国家に生まれ変わるための、勝元からのメッセージであった。

登場人物

ネイサン・オールグレン大尉 – トム・クルーズ

勝元盛次 – 渡辺謙

氏尾 – 真田広之

たか – 小雪

信忠 – 小山田真

サイモン・グレアム – ティモシー・スポール

ゼブロン・ガント軍曹 – ビリー・コノリー

大村松江 – 原田眞人

飛源 – 池松壮亮

明治天皇 – 中村七之助

ベンジャミン・バグリー大佐 – トニー・ゴールドウィン

寡黙なサムライ(ボブ) – 福本清三

中尾 – 菅田俊

孫次郎 – 湊葵

長谷川大将 – 伊川東吾

スワンベック大使 – スコット・ウィルソン

ウィンチェスター宣伝員 – ウィリアム・アザートン

政府軍指揮官 – 二階堂智

侍 – 高良隆志

作品情報

タイトル

ラスト サムライ

原題

THE LAST SAMURAI

製作年度

2003年

上映時間

154分

製作国

アメリカ

ジャンル

ドラマ

アドベンチャー

監督

エドワード・ズウィック

製作総指揮

テッド・フィールド

チャールズ・マルヴェヒル

リチャード・ソロモン

ヴィンセント・ウォード

脚本

ジョン・ローガン

エドワード・ズウィック

マーシャル・ハースコヴィッツ

音楽

ハンス・ジマー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする